ドレスさら洋裁教室の特徴

ドレスさら洋裁教室の特徴

本物の洋裁教室にこだわる想い

ドレスさら洋裁教室の特徴

私 粕谷尚子は、この文章を書いている時点で80歳を超えています。

昔の我々の感覚でしたら、もうとっくにリタイアしてもいい年齢になっています。

けれども私にとっては、人生はこれからなのです。



私は、子供の頃から洋服創りが大好きで、暇さえあれば、と言うより暇を創っては、洋服創りをしていました。

学ぶことが大好きで、「これはどうやって作るの?」と思ったら調べまくります。

小学生の頃からすでに、洋裁の先生に学びに行ったりしていたのです。



そんなに好きな洋裁でしたから、将来は洋服屋さんになると決めていました。

そして希望通りに洋服屋さんと言うかドレス制作者になりました。

4年近く前ですが、もう既に一人前のプロになっている方から、「もっともっと技術を深めたいので是非技術を学ばせてください」と依頼されるという思いがけない出来事がありました。

それがきっかけで、プロの方のブラッシュアップのためのクラスを創る決心をしたのです。

 

日本伝統の洋裁技術をなくしてはいけない

日本伝統の洋裁技術

実はそれまでにも、本物の洋裁の技術が廃れて行くことを、心から悲しんでいました。

出来るだけ簡単に、誰にでもできるようにと、どんどん難しい技術が省略されていく世の中です。



縫製工場は、出来るだけ短い時間でたくさんの製品を仕上げるために、簡単に簡単にと手間を省いて行きます。

そのため着心地の悪い身体のラインに沿わない洋服が出来上がるのです。

それは、それで仕方のないことかもしれません。

けれども昔から伝わる、本物の縫製の技術が廃れて行くことには、耐え難い想いを抱いていたのです。

 

本物の洋裁を教えてくれる日本で数少ない洋裁教室

ドレスさら洋裁教室

「本物の洋裁技術を教えてください」と言う言葉に、期待が宿りました。

もしかして、若い方々に、私が60年近い歳月をかけて学んできた本物の洋裁技術、オートクチュールの神髄をお伝えできる機会を与えていただいたのかもしれないと思いました。

こんなに有り難い機会を与えられたことに心からの感謝です。
 
たった4人からのスタートでしたが、その後には、初心者のためのクラスが出来、今ではプロ養成コースも出来て11クラスの洋裁教室が出来ています。

初心者からスタートをされて、今年はネットショップを起ち上げられた方もいらっしゃいます。

人生にはいろいろな局面があります。

どんな状況になっても、自分の腕で何とか食べていくことが出来るという状況になれたら、その必要がなくても、心穏やかでいられますよね。



そうなっていただけるように、私は全力で受講生さんに本物の力をつけていただけるようにサポートをさせていただいております。

初めてこられた方でも、3ヵ月後には、ご自身がお召しになるウェエディングドレスを完成させて嬉しい結婚式を迎えられると言う方々もいらっしゃいます。

これが「ドレスさら洋裁教室」なのです。

 

フルオーダーのドレス作り

フルオーダーのドレス作り

結婚式と言う大切なイベントで、オリジナルドレスと作りたいと言うご要望に応えるために、今まで数えきれないドレスを制作してきました。

完成したドレスに袖を通す時、お客様のキラキラした輝く笑顔は何にも変えられない幸せを感じる瞬間です。

もしかしたら、私はこの笑顔が見たくてドレス作りをしてきたのかもしれません。

こんな私の活動が、小泉総理の眼に止まり、施政方針演説に取り上げて頂くという幸運に恵まれ、新聞やテレビの取材を受けるというラッキーもありました。

オーダードレスは、ドレスさらの原点でもあり、今も全国からご依頼を頂いております。

 

思い出の着物やドレスをリメイク

着物やドレスをリメイク

また現在は、タンスの中でひっそりと眠っている母の形見のお着物や、成人式の時に一度だけ着た振袖など、こうした思い出の品をリメイクして、もう一度おしゃれを楽しんでもらえる活動もしています。

ご自身でリメイクする事も出来ますし、ご依頼を頂ければ粕谷があなたに代わって最高の一着を仕上げて行きます。

着物だけでなくご自身が結婚式に着たドレスをリメイクして、生まれた娘さん用として子どもドレスにリメイクする事も出来ます。
洋服だけでなく、バッグなど小物を作る事も可能ですので、いつでもお問い合わせ下さい。



大切な思い出の一品を、タンスの中で眠らせているのは勿体ないです。

虫に食われてしまったとか、色が変色してしまったとか、かびてしまったなどのお声を聞き、このようなリメイクをスタートしました。



普段着のワンピースも、ワンポイントでお着物の柄があるだけで、とっても素敵になりました!

ジャケットの裏地に想いでのお着物が入るだけで、まるで母親が見守っていくれているように感じます!

リメイクしたスカートを母にプレゼントしたら、とても喜んでくれました!

など嬉しいお声も沢山頂いています。

世界に一つの思い出の一品を、ドレスさらで見つけてもらえると嬉しく思います。

ドレスさら洋裁教室では、伝統ある本物の洋裁技術を教えるとともに、あなたの大切な思い出の一品をリメイクするオートクチュールの神髄をお伝えしています。

 
 
ファッションショー
 

ネットショップ Hisako

代表者

粕谷 尚子 Hisako Kasuya
ドレスさら 代表

アクセス

〒146-0082 東京都大田区池上7-19-3-C-02